引越し料金を安くする方法

引越し料金というのは定価がありませんから、業者から提示された料金が高いのか安いのかわからず、値引き交渉もせずに契約してしまう方が少なからずいらっしゃいます。
同じサービスなら少しでも安く契約したいと思いますよね。
ではどうすればよいでしょうか?見積の際には、必ず相見積もりをしてください。
1社だけでの見積もりでは相場がわかりません。
相見積なら相場を把握できますし、業者側も競合他社に負けなうように低料金を提示するケースが多いからです。
今はネットで一括見積もりができますから、利用すると良いでしょう。
見積がでたら、料金の内訳を確認しましょう。
基本的には、人件費、運賃、梱包材、オプション、保険で構成されています。
例えば運賃ですが、これはトラックの大きさや台数で決まります。
もっと小さいトラックでも良いのでは?など、複数の業者の見積を比較すると交渉ポイントがみえてきます。
人件費が高い場合は、人数を減らすことはできないか?と業者へ相談してみましょう。
しかしあまり無理を言うと作業の質が下がる恐れがありますから、業者の言い分も聞きつつ、うまく交渉してください。
引越しの日程に余裕がある場合は、日程を変更すると安くなる場合があります。
料金は3月など繁忙期は高くなりますし、平日よりも休日は高くなります。
また同じ日でも、開始時間を変えたり、日時をフリー(指定しない)にすることで大きく料金を抑えられます。
いかがですか。
ちょっとした手間と交渉で安くできますから、ぜひ実践してみてください。
引越し見積もりで何度も得したドケチ主婦のワザ-ウルトラ引越ガイド