引越の見積もり書や契約書の内訳

引越しの見積もり書や契約書に記載されている料金の内訳はだいたい決まっており、それは、基礎運賃と基礎作業料金に実費と付帯サービス料を加算したものとなります。
このうち基礎運賃と基礎作業料金は、作業内容によって時間制と距離制があります。
時間制には4時間または8時間という基礎時間があります。
軽貨物運送業者の場合は2時間または時間の基礎時間となっています。
引越しをしますと、この基礎時間を1時間超過するごとに追加料金が加算されるようになっています。
距離制にも基礎距離があり、軽貨物運送業者は30km、それ以外の業者は100kmと定められています。
荷物の輸送距離がこれらを超過しても追加料金が加算されます。
作業の定義も、業者が現地に到着してから業者が帰還するまでの時間であるときちんと定められています。
基礎運賃・基礎作業料金は国土交通省が定めている約款に基づいて計算されるため、法外な料金を請求されることはありません。
実費には作業員の人数分の作業料及び段ボールなどの資材費、そして、有料道路の通行量などが含まれています。
遠隔地で現地見積もりをした場合もその交通費が実費として請求されることもあります。
そして付帯サービス料とは、エアコンの取りつけや取り外し、不用品の処分などの料金が含まれます。
業者が自社でこれらの作業に対応する場合は料金が割安となりますが、提携業者に依頼すると、業者によって料金が割高になる場合があります。