事前に始める準備の大切さ

計画がなければ全ての事はうまくいきません。
とくに引越しの場合は段取りが命です。
確かに業者さんはプロですので、万全のサポートをしてくれます。
しかし、忘れてはいけないのは、飽くまでサポートであり、全責任は自分にあります。
そうなると、きちんと事前にする事を自分で把握しておかなければなりません。
それで、事前に、計画表を作る事ができます。
まず、いつに何をしないといけないかを自分がはっきりするためです。
こうすることで、今何をするべきかが明確になります。
大きく分けると三つです。
引越し前、当日、その後となります。
当然、前日が一番やることがあります。
まず、今借りている部屋の解約です。
これをまっさきに契約会社と、大家さんに知らせる必要があります。
何ヶ月前でもかまわないので、早ければ早いほどいいです。
そしてライフラインである、水、電気、水道をいつごろストップさせるかを決めます。
その後、家を探し出します。
何ヶ月か前から少しずつ荷造りを始める事ができます。
一日、一箱でも良いので、確実に使わないものから詰めて行きます。
期日が近づいてきたら、郵便物が新しい住居に届くように郵便局で変更届けを提出します。
家電、家具の整理を済ませて当日を待ちます。
後は、引越しの日を待ちます。
当日は、プロに、任せましょう。
大体の家具のレイアウトを決めておき、プロの意見を参考に部屋を作っていきます。
良い計画がスムーズに新生活をスタートさせるコツになります。
何より滑り出しが大切です。
事前にしっかり計画を立てて、慌てずに処理していきましょう。